Blog

ブログ更新情報


2020

第92回日本学生氷上競技選手権大会


第92回日本学生氷上競技選手権大会が終了しました。

4月にインカレに向けて女子は総合優勝、男子は3位以内という目標を掲げ、目標達成のために4月からチーム一丸となって練習に取り組んできました。


インカレの結果を掲載します。

スピード部門

【学校対抗男子総合】

第5位 68点

【学校対抗女子総合】

第2位 97点


1/5(土)

男子500m

第10位宇賀神 怜眞37.57

第14位松井 菫也37.76


女子500m

第12位桑原 僚己41.74

第16位能戸 若菜42.32


男子1500m

第17位久保 祐斗1:59.31

第25位道下 雅繁2:01.76 

第26位浅木 優吾2:02.05


女子1500m

第2位ウイリアムソン レミ2:08.81

第5位富田 裕香2:09.59 

第7位賀来 真穂2:10.24


男子10000m

第2位髙橋 孝汰14:37.24

第8位原 泰15:01.86

第13位中村 開哉15:14.83


1/6(日)

女子3000m

第1位ウイリアムソン レミ4:29.32

第2位富田 裕香4:32.00

第9位賀来 真穂4:35.58


男子5000m

第12位髙橋 孝汰7:17.54

第15位原 泰7:23.05

第19位中村 開哉7:26.58


女子1000m

第7位稲川 くるみ1:23.95

第11位桑原 僚己1:25.11

第14位林 海玖1:25.65


男子1000m

第18位久保 祐斗1:17.26

第29位浅木 優吾1:20.70

第32位宇賀神 怜眞1:24.26


1/7(火)

女子2000mリレー

第3位大東文化大学2:45.25


男子2000mリレー

第5位大東文化大学2:31.25


女子チームパシュート(6周)

第1位大東文化大学3:21.10


男子チームパシュート(8周)

第1位大東文化大学4:12.78


表彰台にあがった選手のコメントを紹介します。


四年 富田 主将  3000M 2位 パシュート優勝

第92回日本学生氷上競技選手権大会において、女子1500mで第5位、3000mで第2位、チームパシュートで第1位という成績を収めることができました。たくさんの応援ありがとうございました。この1年間、インカレをチームの最大目標として掲げてきました。結果としては女子総合2位という結果で目標にしていた総合優勝には届きませんでしたが、やれるだけのことをやってきたつもりなので後悔はありません。総合優勝という目標は来年の後輩たちに託したいと思います。

この4年間、熱心にご指導いただいた監督をはじめ先生方や先輩方、一緒に練習してきたチームメイトなど本当にたくさんの方にお世話になり支えて頂きました。感謝の気持ちを忘れずにこれからの競技生活に活かしていきたいと思います。4年間ありがとうございました。

引き続き、大東文化大学スケート部の応援をよろしくお願いいたします。


三年 高橋 副主将 10000M 2位

この度、第92回日本学生氷上競技選手権大会の男子1万メートルにおいて第2位という結果を収めることが出来ました。

昨年のインカレでは第3位だったので、今年順位をあげることが出来て嬉しく思います。多くのチームメイトや保護者の方の応援のおかげだと思っています。

本当にありがとうございました。


男子パシュート 

今回のインカレでは中村、原の3人でチームパシュートにおいて優勝することが出来ました。

表彰台を目指していたので、1番上に立てたことは本当に嬉しく思います。

一人一人の力を合わせて、チーム力で勝つことができたと思います。

また、女子も優勝し、男女で1位になれたことは良い思い出となりました。

最終日にこのような形で終われたこは良かったです。

3日間寒い中駆けつけてくれたOB・OGの方々、保護者の皆さんの応援が力になりました。

本当にありがとうございました。

シーズンはまだ続いていますので、引き続きご声援よろしくお願いいたします。


二年 ウィリアムソン 1500M 2位 3000M1位


今回1500mで2位、3000mて1位と目標にしていた2種目で表彰台に乗ることができました。

3000mでは昨年に続き優勝し、4連覇に向けて良いレースができました。

チームの目標であった総合優勝は果たせませんでしたがまた来年のインカレに向けて残りの大会も充実したものにしていきたいです。

応援ありがとうございました。


2000Mリレー 

今回のインカレでは、女子2000メートルリレーにおいて、能戸、藤原、桑原、稲川の4人で3位入賞する事ができました。

去年の失敗から作戦を変え、みんなで声を掛け合い、上手くバトンを繋ぐことができました。

その結果、目標にしていた表彰台に上がる事ができ、大変嬉しく思います。

遠方から、そして大変寒い中、応援に駆けつけてくださった方々ありがとうございました。


今回のインカレでは目標は達成出来ませんでした。この悔しさを来年のインカレで必ず叶える為にチーム一丸となって頑張っていきたいと思います。


四年生の先輩方は、練習でも練習以外の面でもチームの事を常に考えてくれて引っ張ってくれました。

後輩への声掛けやサポートも沢山してくれました。ありがとうございました。


最後にOB.OGの方々、本学関係者の皆様、スケート関係者の皆様、御父兄の皆様、沢山の御声援ありがとうございました。

また大会期間中ご厚志や差し入れをいただきました。

この場をお借りして感謝申し上げます。ありがとうございました。


残りのシーズンも頑張ります。

これからも大東文化大学スケート部をよろしくお願いします。

コメント
名前

内容