Blog

ブログ更新情報


2019

第91回日本学生氷上競技選手権大会終了!

第91回日本学生氷上競技選手権大会が終了しました。

4月にフィギュア部門・スピード部門、個人の各々の目標や抱負を掲げ、スピード部門の男子はインカレ9位、女子は優勝を目標に、夏場の陸上トレーニングや合宿をおこない、力をつけてきました。

チーム一丸となってインカレに臨んだ結果、フィギュア部門は12位と悔しい結果で目標を達成できず、スピード部門の女子は2位と目標に一歩及びませんでした。

しかし、その中でも男子は総合5位という成績で目標を達成することができ、個人種目、団体種目での入賞者も出ました!

以下は入賞した選手によるコメントです。

◆富田裕香選手(1500M第2位・3000M第5位・チームパシュート優勝)
この度、第91回日本学生氷上競技選手権大会の女子1500mで第2位という結果を収めることが出来ました。4月からこの大会で勝つことを目標に練習を積み重ねてきました。正直、女子総合で負けてしまったので悔しい気持ちがあります。しかし、昨年から比べると男女とも確実にレベルアップしています。来年は、さらに高みを目指してリベンジしたいと思います。
インカレ期間中は、門脇学長先生をはじめ大学関係者の方々、OB OG、保護者の方々などたくさんの方が会場に足を運んで下さり応援して下さいました。本当にありがとうございました。
ここをスタートだと思い、また来年に向けてチーム一丸となって頑張って参りますので、引き続き応援のほどよろしくお願い致します。


◆高橋孝太選手(10000M第3位)
この度、第91回全日本学生氷上競技選手権大会の男子10000mにおいて第3位という結果を残すことが出来ました。この大会のために夏から練習を行い、少しでも上位を目指していたので、本当に嬉しく思います。大学生の1番大きな大会でもあるインカレで表彰台に登ることができて良かったです。男子総合でも、目標としていた1桁順位である第5位となることができました。インカレは終了したものの、まだ大会はいくつか残っているので気を抜かずに最後まで戦い抜きたいと思います。
ご声援ありがとうございました。

◆中村開哉選手(5000M第8位)
第91回日本学生氷上競技選手権大会において、春から目標としていた、この大会での入賞を達成することができました。
リンクサイドからの応援や大会を運営してくださった方々、ありがとうございます。
大東文化大学スケート部の諦めずに最後まで全力で滑りきるレースを行うことができました。
2018/2019シーズンも残り少なくなっていますが気持ちを切らさず最後まで滑り切ります。今後とも応援のほどよろしくお願いします。


◆熊谷帆乃香選手(3000M第3位)
1月5・6・7日に行われた第91回日本学生氷上競技選手権大会
で、1月6日に行われた3000Mに出場させていただき、3位に入賞することができました。
今年度は3000Mのみの出場となりましたが、今シーズンの中でも滑り・展開としても自分の力を最大限に出しきれた納得のできるレースができました。
それと同時に、この日は運良く日差しが強くなく、リンクのコンディション的にも自分の苦手とする柔らかい氷の状態ではない方だった為、良い調子でラップ維持ができていたと感じました。
このままでは自分の苦手なリンクコンディションでは結果を出せないと共に、自分に足りない滑り出しからスピードに乗る力やコーナーの加速などが圧倒的な差となってタイムにでていました。
今年度は目標であったチームでは女子総合優勝、個人では個人種目優勝をどちらも果たせませんでしたが、達成するために何が足りなかったのかを確信することができた為、今大会で得た悔しさ、確かに感じられた夏から培った選手のレース姿の感動を、これからの練習・大会に繋げていきます。
 最後に、3日間という長い期間、監督・コーチの方々、補助員として陰で選手を支えてくれたメンバー、大会を運営していただいた役員や学連の方々、会場まで応援に来てくださった方々など、様々な形で支えてくださった人たち・共に戦いあった大学の選手の方々の熱い支援、闘志のおかげで無事に今年のインカレを迎え、終えることができたことに感謝致します。
 本当にありがとうございました。

◆稲川くるみ選手(500M優勝・1000M第3位)
インカレで500m優勝、1000m3位に入賞することができました。
たくさんの応援の方々に支えられ、先輩や同期に支えられ、この結果を出すことができました。
悲願の総合優勝は叶いませんでしたが、来年、リベンジしたいです!
応援ありがとうございました!

◆ウィリアムソンレミ選手(3000M優勝・1500M第3位・チームパシュート優勝)
この度、第91回日本学生氷上競技選手権大会おきまして 1500m 第3位 3000m第1位という結果をおさめることが出来ました。
年に一度の大学対抗という大会でチームに少しは貢献できたのではないかなと思います。目標にしていた総合優勝には届きませんでしたが、また来年に向けて練習に励みたいと思います。
応援ありがとうございました。

◆賀来真穂選手(チームパシュート優勝)
みんなに支えられて勝てたパシュートは一生の思い出です。この喜びを忘れずさらに上を目指して頑張ろうと思えたレースでした。たくさんの応援も力になり感謝しかありません。ありがとうございました!



今大会で、自分達がベストパフォーマンスが出来た中でも目標達成までにはまだまだ力不足でした。インカレでしか味わえないものを各々感じたと思います。インカレが終わりましたが、これがもうすでに来年に向けてのスタートラインです。

まだシーズンは続きます。来シーズンに繋げられるように今から出来ることを一つずつ行っていきます。


そして、4年生にとってはこれが最後のインカレとなりました。常に後輩の先頭に立ち、黙々と練習に取り組む姿勢で私達を引っ張っていっていただきました。今のチーム大東を作り上げてくれたことに感謝します。


最後に、門脇学長様はじめ、OB・OGの皆さま、本学関係者の皆様、スケート関係者の皆様、御父兄の皆様、寒い中たくさんのご声援ありがとうございました。


大会期間前から大会期間中にかけてご厚志やたくさんのドリンク、補食等のお差し入れをいただきました。この場をお借りしてお差し入れいただいた、皆様のお名前を掲載させていただきます。

【OB・OGの方々】

青木先輩、青木先輩

【御父兄・スケート関係者様】

北川さん、中嶋さん、

宇賀神さん、桑原さん、加藤さん、ウィリアムソンさん、富田さん、熊谷さん、賀来さん


私達がインカレで今持っているすべての力を出しきり、最後まで滑り抜けたことも皆さまの支えのおかげです。

ありがとうございました。


コメント
名前

内容